決め手は診断書

法改正されても、医師の診断書が認定の重要ポイントになるのは変わりませんが、特に精神障害年金に関しては審査基準がより厳しくなった事により、生活の困難さを抱えていても障害認定されないケース、あるいは等級を下げられてしまうケースが全国で続出しており、波紋を呼んでいます。特に神経症の場合は認定基準から外れる可能性が大きいのです。

神経症すなわちノイローゼは自分の意志で治癒できると判断されてしまい、認定からはずされやすくなりました。たった1文字、うつ症からうつ病と変更しただけで認定されるケースがあるように、実際の症状ではなく診断書での表記の違いだけで判断されるとの矛盾があり得るという現実があります

実際申請してから認定を受けるまでにはかなりの時間差が生じる事がしばしばです。長い人では1年から1年半かかってようやく認定を受けていますから、そうでない人でも最低半年は忍耐強く申請していくしかありません。その間の生活支援は仮に生活保護を受けるなどして、カバーしている人も多くいます。認定されなければ振り出しに戻って再度申請しなおす事になります。

特に発達障害のように外見では障害がわかりにくいケースではさらに認定が困難になるケースもあります。まだまだ啓蒙が不足しているとの指摘もあります。就労しただけで年金不要と判断されて認定が却下されてしまうケースもあります。診断書だけでは認定されにくい傾向があります。

Pocket