障害年金の認定基準て

障害年金は精神福祉年金、身体障害年金、療育年金と大きくわけて3つあります。それぞれに設定基準があり等級でわけています。精神福祉年金であれば全部で3級あり最も重いのは1級ですが、完全に家族もしくは第三者からの介助がないと生活できない状況であり、長期にわたる安静を必要とします。2級はやはり重度の部類ですが第三者の介助が必須ではないものの、就労は困難であり日常生活に著しい制限を受けている状態です。3級は介助が不要であり生活への制限は若干軽いものの就労が困難である状態です。

精神障害福祉手帳では3級までの等級に割り振られますが、3級ですと年金は出ませんが医療機関での利用に優遇処処置がとられます。身体障害年金になるとさらに7級までの等級配分がされます。障害が完治した後では手当金が配当されます。障害が治ったにも関わらず労働条件に一定の制限を受ける軽い状態です。一時金ですから永久ではありません。さらに目や耳を含めて障害の種類ごとに基準が決まっています。

最も多く発行されているであろう精神障害年金は該当する範囲が非常に幅広いですから、疾患ごとの基準も設定されています。等級ごとに元となった法律が違っています。1級ないし2級は国民年金法を元にしていますが3級と一時期手当金は厚生年金保険法に基準をおいています。

このことからもわかる通り、3級以下のケースでは就労に一定の不不便さあるものの授産施設や就労支援施設B型などの施設での軽作業ができるレベルです。精神障害年金であれば3級は著しい制限は受けるものも働く事ができる状態が対象となっているのです。